そばの作り方 - 手打ちそば
そばの作り方を、必要な材料・道具からそば作りの手順まで詳しく紹介します。
「手打ちそば」は思ったよりも簡単に作れます。
そば作りを楽しみながら、ご自身はもちろん、ご家族や友人へ振舞っては如何でしょうか。

2.水回し (粉に水を加える) / そばの作り方 - 手打ちそば



2.水回し (粉に水を加える)

水回し
 つなぎを加えたそば粉に水を加えて混ぜ合せる工程です。

 加える水の量は粉の重量の40〜50%ほどです。使用するそば粉・小麦粉により、同じ水の量でも硬さが変わるので、冬場など乾燥して湿度が低い状況では50%近く、夏場など湿度の高い状況では40%近くの場合があり、条件により加える水の量は変わってきます。初めは、45%を目安としてこねた状態を見て加減するのが良いでしょう。

 水は4回に分けて粉と混ぜ合わせます。最初は粉の真ん中に水の半分を加えてまんべんなく混ぜ合わせます。このとき粉をひとまとめにするするのではなく、粉をばらしながらまんべんなく水を行き渡らせます。そして、残りの水の半分(全体の4分の1)を加えて同様に混ぜ合せ、4回目で硬さを見ながら全部の水を加えます。

 加える水の量が足りないと延ばした際にひび割れ等が発生することがありますので、ある程度混ぜたら、小さい玉を作り延ばしてみてひび割れなどが出来ない硬さであることを確認しましょう。

次へ ⇒ 「3.こねる」
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 そばの作り方 - 手打ちそば All Rights Reserved.